高桑川魚店について

高桑川魚店の歩み

当社は、初代社長故、高桑勇次が昭和30年9月高桑川魚店を開業致しました。当時はバスを利用し、または重い商品を背負い自転車で行商から始まり今年9月で創業61年を迎えます。
昭和46年4月「自分で作った新鮮な美味しい魚を皆様に、提供したい。」という思いから養魚場を設立し高桑魚業有限会社として創立致しました。
魚に愛情注いで生きてきました初代社長でしたが、平成22年9月に永眠致しました。

企業コンセプト
初代社長から受け継ぐ魚への愛と美味しい魚を提供したいという思い

信頼できるスタッフと愛する魚たち

成せば成る成さねばならぬ何事も

私達は、先代社長が良く口にした言葉「成せば成る。成さねば成らぬ、何事も。」を胸に頑張っております。今日があるのは信頼できるスタッフ、愛する魚がいたからです。感謝の気持ちでいっぱいです。
養魚場、工場内では、朝、池から取り上げた魚を提供しています。新鮮、清潔モットーに仕事しています。

自然豊かな那須水系の恩恵を受けて

那須水系の地下水を汲み上げあゆを養殖しています。あゆをはじめ淡水魚(ヤシオます、いわな、にじます、こい)等 加工して地元の温泉地、那須、塩原、鬼怒川、などのホテル、旅館に新鮮で美味しい食材を提供しています。他にも、大田原の養魚場 にて小売もしています。小売のお客様には、やしおマスのハラスを目的に買い物に来る方もいる程です。

高桑川魚店の養魚場です。那須水系の地下水に新鮮な空気を含ませて養殖します。

高桑川魚店の周辺の風景です。穏やかな田園と多くの自然に囲まれています。